「マネー・ボール」バナー

「マネー・ボール」の言葉 1 - 10件目 / 10件


勝つためには一流の選手を集める、そのためには資金が必要、というのが球界の常識。その常識をくつがえしたのが1997年に35歳でオークランド・アスレチックスのGMに就任したビリー・ビーンである。
松井秀喜の入団でも話題のこの貧乏球団が、4年連続プレーオフ進出という実績をいかにして勝ち取ったのか?
メジャー・リーグで奇跡を起こした熱血GMはいかなる人物なのか?そして格安の年棒ながら優勝する実力を持った選手たちとは?
球団経営という知られざるビジネスの全貌と、魅力的な登場人物がおりなす人間ドラマを融合させ、野球ファンだけでなく、ビジネスマンからも圧倒的賞賛を送られた全米ベストセラーの「マネー・ボール」から"Touching Word"を抜き出して紹介しています。

「マネー・ボール」カバー


"現実"とはつまり、生き残りたければ、野球のやり方を変えなければいけないということだ


最後にやったことが次にやることだとはかぎらない。


結果につながらない才能なんて、才能とは呼べない。


長所はすべからく短所を隠し、と同時に、別の短所を生み出す。よって長所とは短所であり、短所とは長所である。


目で見た内容、見たと信じ込んでいる内容には、じつは偏見が含まれている。


経験はだいじだが、経験に伴う山勘やら甘ったるい感情やらはいらない


自分の体験こそ典型的だと思いがちだが、実際はそうでもない。


自分は何ができるかだけでなく、何ができないかを頭に入れた。


たとえ現状でうまくいっていても、改善つねにプラスになる。現状維持などしょせん不可能。
(中略)
てこ入れし続ける必要がある。てこ入れを怠ると、痛い目に遭う。


異端でもかまわない。異端とはチャンスを意味する。




「マネー・ボール」の言葉を抜き出してランダムに表示します。あなたのブログやホームページのHTMLに下記のコードを書き込んでください。
※JavaScriptに対応していないブログサービスでは使えません。
※予告なくデザインや機能が変わる場合があります。ご了承ください。