映画「わたし出すわ」バナー

「お金」にまつわる言葉 1 - 10件目 / 122件


映画「わたし出すわ」(脚本・監督:森田芳光 × 主演:小雪)にちなみ、TOUCHING WORDに投稿された「お金」にまつわる言葉だけを集めています。

©2009 アスミック・エース エンタテインメント


この仕掛けが、もしうまくはまれば帝銀はオレたちの貯金箱となる!
骨までしゃぶれる!!


ぼうず……それは死人の考えや……。
血の通った人間が金持ったら、そうは考えん。
10人中、9人は考えなくなる……損を承知で人は生きられんのや。
それほど銀行金利は低い……あの低さはサギやからな。
サギ師に騙されながら生きるのも気分が悪い。


この人達は ―― 羊だ……。
処刑場に連れていかれる羊!
そして罪人のように頭を下げる。
その理由は、ただ金を持っていないということなのだ……。
どんなに真面目に働いても、金を持たなければ罪人!


裏金つまもうなんて連中の運命は三つしかねえんだ。
しぼられるか、奪われるか、殺される!


人は知らない、金にも意思があることを。


1000億円
何でも買える額だけど、何も変えない額さ


金は儲けたいが、信用を落としてまで金を儲けることはできない


人生をお金につぶされないようにしようと僕は心に決めたんだ。


たまに聞く「ホワイトデーに3倍返し」というのは、1ヶ月(28日間)で200%の利子を要求していることになり、年利で表すとおよそ2607%になり、出資法の規定から金融業者以外でも年109.5%以上の利子を受領することは違法のため、この要求は違法で無効ということになります。


お金は、人生の質を高める肥料にすぎない。幸せとは別のものだ。




映画「わたし出すわ」(脚本・監督:森田芳光 × 主演:小雪)とのコラボレーションによるスペシャルブログパーツです。映画にちなみ、TOUCHING WORDに投稿された「お金」にまつわる言葉だけをランダムに表示します。あなたのブログやホームページのHTMLに下記のコードを書き込んでください。
※JavaScriptに対応していないブログサービスでは使えません。
※予告なくデザインや機能が変わる場合があります。ご了承ください。